相続税対策は相続財産の把握からはじめよう

相続税は自分には無関係であると思い込んでいないでしょうか。確かに相続税を納付する義務のある人はバブル経済当時にはある程度は上昇したものの、バブル経済が破たんしてからは現在までずっと4%から5%の人が相続税の納付義務があるだけですから、実際には納付義務のある人はほとんどいないといっていいのかもしれません。

しかし、平成27年から導入された相続税を含む税制改正によって相続税の基礎控除と相続人の基礎控除の引き下げが行われてことによる、実質的な増税によって相続税の納付義務が発生する人が大幅に増えることは確実視されています。

平成27年の税制改正までは基礎控除が5千万円、被相続人一人あたりの控除が1千万円であったのが、基礎控除が3千万円、被相続人一人あたりの控除6百万円になることがからそれまでは相続税納付義務が発生しなかった人が、相続税納付義務が発生することになります。

特に相続税について留意しなければならない人が330平米以上の居住用の土地を相続する人です。330平米以下ですと特例によって土地評価額が80%減額になりますが、330平米以上ですとその特例がありません。都市圏に居住用で大きな土地を相続する可能性がある場合には早めに相続税対策をしておくことは必須です。相続税対策は早期であればたくさんの打つ手はありますが、相続人が亡くなってしまえば相続税対策としてできることはほとんどないというのが現実だからです。

相続税対策のこの記事はこちらのサイトを参考にしました。
相続税計算について詳しく